ロースター&バリスタ 門脇洋之の自家焙煎ビーンズショップ「カフェロッソ ビーンズストア」

top.jpg

HOME > エスプレッソとは?

CIMG0307.JPG「express」のイタリア語。「急行・急速」の意味。
一杯8g前後のコーヒー豆で20~30秒の間に25~30㏄抽出するイタリアのコーヒーです。

極細挽きにしたコーヒー豆をホルダーに入れ、エスプレッソマシンにセットします。湯温90℃の熱湯を9気圧でホルダーに押し出し、コーヒーのうまみやアロマを凝縮してしぼりだしたものがエスプレッソなのです。

イタリア式、シアトル式などいろいろな飲まれ方をしていますが、基本のエスプレッソは同じです。

イタリアではほとんどの人がエスプレッソを飲み、ミルクの入ったカプチーノや、カフェラッテは朝、ブリオッシュやクロワッサンと一緒に飲むくらいです。
逆に、シアトルではほとんどの人がミルクの入ったカプチーノやカフェラッテを飲みます。
したがって、シアトルではミルクに合うように深く焙煎された豆を使ってミルクとの相性を重視し、イタリア(特にミラノ)ではそのままストレートで飲まれるため、焙煎を抑えた中煎りの軽めの豆が使われます。

カフェロッソはイタリアよりの味を目指しています。

エスプレッソが食後によく飲まれるのは、食後の後味を消し、口の中をさっぱりさせてくれるところにあるかもしれません。
独特のアロマ(芳香)によって鼻の粘膜を刺激し、脳を活性化させ、濃厚な旨みが余韻を残し、飲んだ後10分~20分くらいは風味が口の中で持続します。

【エスプレッソの飲み方】
CIMG0005.JPG
ポイントとしては、お好みで砂糖を入れることです。
甘党のイタリア人はカップの底に残るぐらいたくさん入れています。
砂糖を入れることによってまろやかで飲みやすい味に調整できます。